清明井

京都探索その3 大将軍八神社→清明神社→一条戻り橋→神泉苑→鵺大明神→東洞院通り

京都探索その3 大将軍八神社→清明神社→一条戻り橋→神泉苑→鵺大明神→東洞院通り

 

大将軍八神社

大将軍八神社01

大将軍八神社。この神社の面した通りは一条通で、こちらの商店街さんは妖怪で町おこしをされていました。「百鬼夜行資料館」なる物も神社のすぐ側にありました。

大将軍八神社02

もともとの祭神は日本の神様ではなく、大将軍一神を祀っていたものが、 明治時代の「神仏分離令」によって 現在の「素盞鳴尊並びにその御子五男三女神、又垣武天皇を合祀」となり、御子八神と暦神の八神が習合して「大将軍八神社」となったぞうです。

大将軍八神社03

大将軍八神社の御朱印。

 

清明神社

清明神社01

安陪清明を祀った、言わずと知れた清明神社。

清明神社02

鳥居をくぐるとまず旧・一条戻橋が目に飛び込んで来ます。人気の写真撮影スポットのようでした。

清明神社03

式神像。なんだかちょっと可愛らしい感じ。

清明神社04

旧・一条戻橋の説明。実際に使用されていたものなんですね~。

清明神社05

通りをはさんで、さらに奥に本殿があります。「今昔物語集」を読んで、高校生の時に憧れの地だったのです。

清明神社06

一昨年初めて念願がかないましたが、ブームに乗ったようなタイミングでちょっと不服。

清明神社07

清明井。これぞ「清明」というような感じです。

清明神社08

水を湛えた五芒星を真ん中に、丸く方位が書かれています。

清明神社09

清明井の説明書き。流水口が本年の恵方を向いているのだそうです。

清明神社10

清明神社の御朱印。

 

一条戻橋

一条戻橋01

道を挟んで撮影。工事中の一条戻橋。一昨年来た時も工事中だったのです。ひょっとして縁がないのかなぁ。

一条戻橋02

戻橋の説明書き。

一条戻橋03

見難いですが、一条戻橋の下側。ここに式神を隠したのですね。

 

神泉苑

神泉苑01

神泉苑北門入口。二条城のすぐ近くにあります。

神泉苑02

説明板があったのですが、だいぶ風化していてちゃんと読み取れませんでした。

神泉苑03

池には竜神伝説を模った船も浮んでいました。アヒルやカモも沢山泳いでいました。

神泉苑04

天長2年、淳和天皇の勅命により、弘法大師が神泉苑の池畔にて祈られ、北印度の無熱池から善女龍王を呼び寄せられ、日本中雨が降り、人々が救われた。以降神泉苑の池には善女龍王がお住みになるという事。

神泉苑05

神泉苑内に貼られていた説明書き。小野小町とも関係があるのですね。

神泉苑06

ここで静御前が舞を舞ったという事でした。この裏手にあるのが善女龍王社です。

神泉苑07

神泉苑内に貼られていた説明書き。義経伝説も絡んでくるようです。

神泉苑08

分かりにくいですが、中央にあるのが「中島」と呼ばれる浮島です。浮島なので、移動するそうです。

神泉苑09

神泉苑内に貼られていた説明書き。謡曲「鷺」はここから生まれたそうです。

神泉苑10

神泉苑の地図。帰宅後知りましたが、詳しい解説書を寺務所でいただけるそうです。

 

鵺大明神

鵺大明神01

二条城からそう遠くない二条公園の中に鵺関連の神社があります。

鵺大明神02

こちらは整備される前の公園と鵺大明神の解説碑。

鵺大明神03

鵺池伝説の解説文。

鵺大明神04

こちらも同じく解説碑の、鵺関連の画像。

鵺大明神05

復元碑。何が書いてあるかは読み取れませんでした。

鵺大明神06

そしてこちらが鵺大明神。公園の隅にこじんまりと鎮座召しましておられます。

鵺大明神07

鳥居をくぐって近づいたお社。

鵺大明神08

ちゃんと「鵺大明神」の字が刻まれておりました。感動。

 

東洞院通

東洞院通01

「火車」が御所めがけて駆け上ったといわれる東洞院通です。今は何の変哲もないアスファルトでした。

東洞院通02

一人「ここが!」と感動しながら撮影していたら、地元の方に不思議な顔で見られてしまいました。

京都探索、その3にしてやっと一日目の分の写真をUP完了です。こうしてみると、我ながらずいぶん写真を撮ったものだと思います。

2005年訪問

最新情報は公式ページなどでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です